学術雑誌

学術雑誌『イノベーション・マネジメント』

投稿論文募集(No.19、2022年3月刊行予定)

学術雑誌『イノベーション・マネジメント』の論文・研究ノートを広く学内外から募集しています。
No.19(2022年3月刊行予定)の募集要項・投稿要領は以下のとおりです。

『イノベーション・マネジメント』既刊目次

※No.1~15:一部を除き、法政大学学術機関リポジトリにリンク
※No.16以降:J-STAGEに登載

No.18 2021年3月 (2,500円)
《論文》

その他の包括利益と持分

イタリア農業の底力
―テリトーリオに埋め込まれた農業活動による地域活性化―

Facebookページにおけるネガティブ効果の発生とリレーションシップへの影響

中小製造業の海外販路開拓プロセスとその実現要因
―テキスタイル産業における欧米・新興国企業との取引を中心に―

持続可能なサプライチェーンの推進における3つのアプローチとその戦略的活用
―アパレル業界におけるX社のCSR調達の事例から―

森 翔人

1870年代~1910年代の道修町薬業者の活動から見た大阪薬業界の発展

取引コストを伴う最適消費・投資問題の進展について

吉川 大介

ファンコミュニティ・アイデンティフィケーション
―プロスポーツにおける因子構造、先行要因、結果要因の検証―

伊藤 真紀

《査読付き投稿論文》

アーキテクチャ理論からみた技術世代変化への対応について

前田 篤志

立本 博文

《研究ノート》

大学生の起業意思に関する調査レポート
―GUESSS2018調査結果における日本のサンプル分析―

玉井 由樹

鹿住 倫世

藤村 まこと

山田 裕美

五十嵐 伸吾

ディグローバリゼーションの理論的分析視角
―パンデミックによる外生的危機と国際経営―

《査読付き研究ノート》

明治23年商法計算規定の制定の背景
―商法の形成過程に対する考察を中心に―

高野 裕郎

テレワーク制度の適用有無がテレワーカーにどのような影響を及ぼしているのか

千野 翔平

《書評》

國部克彦・西谷公孝・北田皓嗣・安藤光展著
『創発型責任経営―新しいつながりの経営モデル―』 日本経済新聞出版社、2019年6月

小川孔輔著
『「値づけ」の思考法』日本実業出版社、2019年7月

上田 隆穂

田路則子著
『起業プロセスと不確実性のマネジメント ―首都圏とシリコンバレーの Web ビジネスの成長要因―』白桃書房、2020年3月

江島 由裕

No.17 2020年3月 (2,500円)
《論文》

中小企業の事業承継に伴う相続税と贈与税の租税優遇措置

実験会計研究の未来

田口 聡志

上枝 正幸

廣瀬 喜貴

プロボノプログラムがコンサルタントの技能形成に与える影響

高橋 宏明

Facebookページにおける消費者エンゲージメント行動
―「いいね」とコメントの差異―

QCAを活用したブランドポジショニングの検証
―MSDO/MDSOからのアプローチ―

木戸 茂

Legitimacy of Corporate Social Innovation: Legitimizing Resource Mobilization for Corporate Social Innovation in the Case Studies in Japan

《査読付き投稿論文》

パテントクラスターの導出における地域産業政策への応用可能性
―地域産業政策立案手法の検討―

永井 武

《査読付き研究ノート》

創薬における「創薬標的選定能力」
―革新的新薬創製の競争優位に寄与する新しい能力概念とその成因―

奥山 亮

辻本 将晴

中小製造業のデジタル技術への対応戦略
―株式会社サイトウ製作所を事例にして―

藤坂 浩司

《調査資料》

持続可能な食料生産の地球環境への影響
―動物性から植物性タンパク質への転換における諸課題―
(ハリー・エイキング博士のアムステルダム自由大学でのインタビュー記録)

青木 恭子

《書評》

横山斉理著
『小売構造ダイナミクス―消費市場の多様性と小売競争―』有斐閣、2019年2月

久保 知一

公文溥・糸久正人編著
『アフリカの日本企業―日本的経営生産システムの移転可能性―』時潮社、2019年3月

藤本 隆宏

長谷川直哉編著
『企業家に学ぶESG経営―不連続な社会を生き抜く経営構想力―』文眞堂、2019年3月

四宮 正親

No.16 2019年3月 (2,500円)
《論 文》

日本企業のサステナビリティ目標設定に対する分析

創業者企業の取締役の軌跡、1950–2017 ―パナソニックとソニーの役員属性分析―

ブランド・コミュニティ研究へのマルチレベル分析の適用可能性
―Facebook ページへのリレーションシップがロイヤルティに及ぼす影響の検討―

《研究ノート》

セブン‐イレブン北京(天津)の事例でみるコンビニ国際化の課題と進展

鍾 淑玲

《査読付き研究ノート》

テクノロジー・アントレプレナーシップにおけるアイデンティティ形成と戦略遂行の結びつき

石谷 康人

B2Bプラットフォーム型流通企業と中国流通革新 ―星利源社の事例研究―

王 亦菲

高齢者雇用促進のソーシャル・イノベーションに関する事例研究

岸田 泰則

官民データのオープン化政策の変遷とデータ活用の社会的意義に関する一考察

楽 奕平

《書評》

田中洋著『ブランド戦略論』有斐閣、2017年12月

青木 幸弘

小池和男著『企業統治改革の陥穽 ―労組を活かす経営―』
日本経済新聞出版社、2018年1月

奥西 好夫

洞口治夫著『MBA のナレッジ・マネジメント ―集合知創造の現場としての社会人大学院―』文眞堂、2018年2月

根橋 玲子

長谷川直哉編著『統合思考と ESG 投資 ―長期的な企業価値創出メカニズムを求めて―』文眞堂、2018年3月

北川 哲雄

No.15 2018年3月 (2,500円)

No.14 2017年3月 (2,500円)

No.12 2015年3月 (2,500円)

No.11 2014年3月 (2,500円)

No.10 2013年3月 (2,500円)

No.9 2012年3月 (2,500円)

No.8 2011年3月 (2,500円)

No.7 2010年3月 (2,500円)

No.6 2009年3月 (2,500円)

No.5 2008年3月 (2,500円)

No.4 2007年3月 (2,500円)

No.3 2006年3月 (2,500円)

No.2 2005年3月 (2,500円)

No.1 2004年5月 (2,500円)

Pagetop